お金借りる相談所

お金借りる行為は今の現代では珍しくありません。成人以上の日本人でお金を借りている人の割合はどれぐらいだと思いますか?

私にも分かりません。

しかし、家を買う人は住宅ローンを借りており、会社経営をしている人は銀行から融資を受けています。自動車やリフォームローンも有名ですよね。

日本は借金に対してネガティブなイメージを持っていますが、お金を借りる行為というのは、ビジネスでもプライベートでも上手に利用すれば、非常に有効な手段になるのです。

では、既婚者の男性が給料日前で小遣いが無い状態の時に、重要な取引先から食事の誘いがあった場合、お金が無いからと言って断るのはどう思いますか?

普通に考えれば、今後のビジネスに繋がる食事であれば絶対に行って損はありません。

お金が無いからと言って断るのは、今後の可能性を自分自身で狭めているのと同じなのです。

お金がないならお金を借りれば良いだけの話

お金がないなら、お金を借りればいいのです。

借金に対して抵抗がある人が多くいますが、今の時代は一定期間なら無利息でお金を借りることができます。

無利息と言う事は、1円も利息を払うことなく、申込した当日に即日融資をしてくれる業者があるのです。

先ほどの例であれば、重要な取引先からの接待が入ったのならば、断らずにすぐにお金を借りる手続きをするべきだったのです。

今のカードローンは申込から最短1時間で自分の銀行口座に振込が可能となっています。

それに加えて、30日間無利息になりますので、給料が入った後にすぐに借りた分を返済すれば借金も残りません。

カードローンは利用した日数分だけしか利息を取りませんし、そもそも無利息サービスで借りたのであれば、5日後に借りた分だけ返済すれば完済になります。

もし仮に、無利息じゃないカードローンから借りたとしても、5日間だけ50,000円を借りた場合の利息は、

50,000円×0.18(金利)÷365×5日(利用日数)=123.28

50,000円を金利18.0%で借りて、5日後に返済した場合の利息は、123円です。

カードローンの金利は高いのか?安いのか?

先ほど50,000円を5日間利用した場合の利息は123円と伝えましたが、これを高いと思うのか、安いと思うのかは人それぞれです。

しかし、50,000円を当日に僅か1時間で借りられるところがどれだけあるでしょうか?

一番簡単なのは、会社の同僚や友人に借りることですよね。

ただ、正直お金を貸してほしいとは誰もが言いにくい言葉です。同僚や友人に「こいつお金の管理できてないな。」と思われたくもありませんよね。

そんな時に便利なのが、やはりカードローンになるのです。

カードローンは友人や同僚などのように気を遣うことは一切ありません。むしろ借りていただいてありがとうございますと、感謝されます(笑)

しかも、必要書類は運転免許証のみで借りることができます。

もちろん、担保や保証人などは必要なく、審査も早いところは最短30分で結果が来るのです。

そして、初めて契約するのであれば30日間無利息が付いたり、内緒で借りる人のために、自宅への郵送物もなしで借りることができるのです。

ここまで借り手の事を考えて、仮に無利息が付いてなくても、5万円を5日間借りて、たった123円の利息であれば、かなり安いと思うのではないでしょうか?

即日にお金を借りるなら要注意!業者によっては即日融資ができません

申込した当日に即日融資で借りたい人が多いと思いますが、今のカードローンは即日融資ができる業者は限られています。

全てのカードローンが即日融資可能と思って申込したら、審査結果さえ当日に連絡がなかった...。これはよくある話です。

ではどこのカードローンが即日融資に対応しているのか?それは消費者金融のカードローンになります。

カードローンの種類

  • 消費者金融カードローン
  • 銀行・信用金庫カードローン
  • JAバンクカードローン
  • ろうきんカードローン

カードローンで有名なのは、銀行と消費者金融です。下記の業者名は誰でも一度は聞いたことがあるはずです。

プロミス・アコム・アイフル・SMBCモビットは消費者金融になり、三菱UFJ銀行カードローン・三井住友銀行カードローン・イオン銀行カードローンは銀行カードローンになります。

なぜ消費者金融以外は即日融資ができないのか?

なぜ消費者金融以外のカードローンは即日融資ができないのか?

JAバンク、ろうきん、信用金庫のカードローンに関しては、単純に即日融資のノウハウが無いのと、そもそも即日で融資する姿勢がありません。

銀行カードローンに関しても昔までは同じスタンスでしたが、大手消費者金融が銀行の傘下になったことで、即日融資ができるノウハウを得ました。

そのため、三菱UFJ銀行や三井住友銀行は、一時期ローン契約機であれば、カードを最短即日発行し、実質的に即日融資を行っていました。

しかし、2017年の銀行カードローンの過剰貸付問題を発端として、銀行は反社会的勢力に対し融資を行わないよう、申込があった時点で必ず警察庁のデータベースに照会する義務ができました。

この警察庁データベースの回答が早くて翌営業日になるので、銀行はその回答を得てから審査開始になるのです。

このことから銀行カードローンは最短でも翌営業日しか融資ができなくなったのです。

即日融資でお金を借りるなら断然プロミスがおすすめ!

今すぐにでも即日融資で借りたいと思っている人は、プロミスがおすすめです。

プロミスは申込から融資まで最短1時間でお金を借りることができ、カードローンでも最速と言えます。

また、カードレス(カード発行なし)に対応しているため、WEB完結で返済方法を口座振替(口座引落)にすれば、自宅には郵送物一切なしで借りることができます。

プロミス審査は最短30分で終わり、初めて契約の人は、借入日の翌日から30日間無利息サービスになります(メールアドレスとWEB利用明細の登録が必要)。

そしてプロミスの瞬フリであれば、原則24時間365日最短10秒で即日融資が可能となっており、土日祝日夜間でも振込でお金を借りることができます。

銀行カードローンよりも金利は高くなりますが、30日間無利息がありますので、短期利用の人は圧倒的にプロミスの方が利息は少なくなります。

更新日:

Copyright© お金借りる即日相談所│今すぐ借りたい人へおすすめのカードローンを提案 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.